FC2ブログ

まどろみ堂

Entries
Categories
Archives
Profile

ribbon

Author:ribbon
写真とカメラとドール好き。
夢見る魚座+冷めてるB型。
銀塩カメラでフィルムの最期を
見届けたい。


▽現在の主な愛機
・NIKON
 F3HP
・MINOLTA
 X-700
・KONICA
 AutoS
 BiG mini BM-201
 BiG mini BM-301
・FUJIFILM
 NATURA BLACK
・OLYMPUS
 PEN EE-3
 TRIP AF50
 CAMEDIA C-5060
・SANYO
 DSC-MZ1
 DSC-MZ2



コメント欄の無い無愛想な
ブログではありますが↓の
Post からご連絡頂ければ
エントリー内の Comment
Res.またはメールでお返事
させて頂きます。



Post

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
Links

madoromi-do // 写真とカメラと日常と。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんだけー

Sat.11.08.2007
07.08.11


流行っているらしいので使ってみました。

いやもお、そう言いたくなるくらい毎日眠いんです。
寝ても寝ても寝られます。
行く気満々だった「ブレッソン展」も行かずに終わりそう。
睡魔にゃ勝てません。


KONICA AutoS * print



*「ゆ」様 極楽写真倶楽部「ゆ」

件名:阿久悠

>なんかつい最近までお元気そうだったのに...
>粋でしかもモダンな、虚構というよりはちょっと先を見せてくれた
>詞がいっぱいあったように思います。

>ちょっと前に日経の最終面に追悼コラムが載ってて、
>「時の過ぎゆくままに」とかを例に挙げながら、的確に阿久悠の
>業績を綴った記事でした。

>実は阿久悠というよりは、筒美京平の大ファンだったりして。
>ということは、作詞でいうと橋本淳とか松本隆とかいるわけですが、
>阿久悠に触れる機会も多かったわけです。
>岩崎宏美のお仕事は、やっぱりすごいです。

>ペンタ67ですが、まだフィルム通してない...
>思った以上にでかいです、これ。
>夏休みの旅行のときは多分お留守番。
>マキナは持って行こうと思うんだけど。
>これなら他のカメラと一緒に持って歩けるし。

>沼の写真、素敵です。
>この水と泥の色が、ネガフィルムにぴったりな感じがします。


こんにちは、「ゆ」さん
毎度お返事が遅れてごめんなさい。

阿久悠さんの作品は何というか日常的になっていて、子供の頃から
当たり前のように流れていたなぁと。
作詞家といえば「阿久悠」、そんな感じでした。
作曲が筒美京平氏となれば鬼に金棒。
松本隆さんも勿論大好きですよー。
私の中では多分「最後の作詞家」になると思います。
大好きな昭和がどんどん遠くになります。
寂しい。

「時の過ぎゆくままに」は、個人的にもの凄く思い入れのある作品
だったりします。
過去に小劇場で芝居をしていた頃があるのですが、ある舞台のラストに
この曲を使わせて頂きまして、そのシーンがちょっと切なさを演出して
いた事もあり、今でも曲を聴くと涙が・・・・ あぁ、若き日の想い出。(笑)

PENTAX 67 、大きい上に重いですもんねぇ。
確かに気楽にお散歩カメラというワケにはいかないかも。
でも、格好良い~。
ところで、またまた面白そうなカメラ買われましたね!
どうしよう、もの凄く欲しいんですけど。
多分、買います。来週くらいにも。(笑)

沼の写真の感想をありがとうございます。
晴れた日のネガフィルムは無敵ですよね。
この日は「入ってて良かったカラーネガ」と、心から思った一日でした。


------------------------------------------------------------------


*狛様 アンダー・コンストラクションズ

件名:くじ

>猛暑お見舞い申し上げます。
>京王線新宿駅のくじ売り場に、とても威勢のいい(体格もいい)
>店員のおばさんがおり、毎回、かなりの調子で売っております。
>あのおばちゃんを見ていると、景気よさそうな感じがします。

>大仏は鎌倉ですか?
>ここを訪れるたび、モノクロで撮りたくなります。


こんにちは、狛さん。
お返事が遅くなってごめんなさい。

ホント、この暑さは一体・・・・ って感じですね。
私なんて撮影の為に出掛ける気力すらありませんです。
眠くて眠くて堪らんです。(苦笑)

くじ売り場のおばちゃんは、いわゆる看板娘(?)さんなのでしょうね。
もの凄くキャラが立っている人のようで、写欲かき立てられそうです。
あぁ、人が撮りたい~。

大仏さんは鎌倉のです。
最近(とは言っても撮影は昨年)は外国人率が高いですね。
彼らをターゲットにした怪しげな土産物屋が楽しいです。
今度お出掛けになる時には、是非モノクロでも撮ってみてください。
お写真、楽しみにしております!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。