まどろみ堂

Entries
Categories
Archives
Profile

ribbon

Author:ribbon
写真とカメラとドール好き。
夢見る魚座+冷めてるB型。
銀塩カメラでフィルムの最期を
見届けたい。


▽現在の主な愛機
・NIKON
 F3HP
・MINOLTA
 X-700
・KONICA
 AutoS
 BiG mini BM-201
 BiG mini BM-301
・FUJIFILM
 NATURA BLACK
・OLYMPUS
 PEN EE-3
 TRIP AF50
 CAMEDIA C-5060
・SANYO
 DSC-MZ1
 DSC-MZ2



コメント欄の無い無愛想な
ブログではありますが↓の
Post からご連絡頂ければ
エントリー内の Comment
Res.またはメールでお返事
させて頂きます。



Post

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
Links

madoromi-do // 写真とカメラと日常と。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細~く、長~く、地味~に

Fri.11.01.2008
2008/01/10

FUJI NATURA BLACK / print


2008年もそんな感じにフィルムで撮り続けていくつもりでございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。




*狛様 アンダー・コンストラクションズ

件名 :あけましておめでとうございます

>ribbonさん、明けましておめでとうございます。
>昨年は楽しい写真をありがとうございました。本年もよろしくお願い致します。
>電車の中では、僕ももっと撮りたいのですが。勇気が要ります。

>で、フランダースの犬の話ですが、僕もそう思います。
>日本人、最近「感動」という言葉を使い間違えてませんか。まあ、感情が動けば何でも
>「感動」なんですが、悲しいなら悲しいと言えよと。
>同じく「壮絶」もそうです。テレビで使われる「壮絶」の約七割が「凄絶」「凄惨」の
>間違いではないかと思うんですが。

>……と、小言の多い年始です(笑)。


狛さん
お返事が大変遅くなり申し訳ありません。
昨年は仲良くして頂き、本当にありがとうございました。
名ばかりの拙いブログではありますが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

「フランダースの犬」のラストシーンは、キリスト教的にはハッピーエンド
らしいですね。
最期に見たいと願っていたルーベンスの絵を見ることが出来、大好きな
パトラッシュとともに神の元に召され、そこには優しいおじいさんもいる・・・・
「塩狩峠」もそうなんですが、宗教的な価値観となってくると理解出来なくても
仕方ないのかもと思えてきます。
まぁ、でも「感動」とは違いますけどね。(笑)


●そうぜつ【壮絶】
 非常に勇ましく激しい・こと(さま)。
 「―な戦い」

●せいぜつ【▼凄絶】
 非常にすさまじい・こと(さま)。
 「―な戦い」「―をきわめる」

●せいさん【▼凄惨/▼悽惨】
 目もあてられないほどむごたらしい・こと(さま)。
 「―な事故現場」

↑「壮絶」と「凄絶」、似ているようでも違うものですね。
個人的には「確信犯」「さわりの部分」「的を射る」の誤用が気になります。
せめて、テレビに出る人間くらいは正しい日本語を使え~。

と、同じく新年早々小言をたれてみました。(笑)

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。